中山雅之 富山市議会議員・日本共産党
富山市議会議員・日本共産党の中山雅之です。 くらし・福祉を大切にする市政をめざします。

中山雅之のブログへようこそ

中山雅之

Author:中山雅之
中山まさゆきです。
富山市議三期目(旧市議一期含む)
1953年生まれ、城北町に在住
奥田小学校、奥田中学校、富山高校卒業
大阪府立大学中退、富山協立病院事務次長、城北町東部町内会長など。



「日本国憲法」を生かす国づくりへ

日本国憲法

憲法改悪に反対。 日本国憲法前文・条文をランダムに表示します。



カテゴリ



ブログ開始から何日経った?



月別アーカイブ



アクセスカウンター



最新記事



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


旧・沢内村で学びました。憲法を生かす〝生命行政〟今こそ大切です


EPSON010_convert_20140930002939.jpg

深澤資料館での学習。高橋和子さん(旧・沢内村元保健師、元村議)の深澤さんの〝生命行政〟受け継いだ実践の講演と懇談、感動でこみ上げるものがあました。

 「深沢村政では、『「深沢イズム』といわれる政治姿勢が注目されます。深沢が地方自治体の首長として優れているのは、何よりも憲法を基本に据えていることです。それがよく現れているのは老人医療の無料化についての対応です。
 1960年当時の国民健康保険では5割が自己負担でしたが、その負担分を村で補填する制度をつくろうとしたときに、これは『国民健康違反の疑いがある』と厚生省や岩手県から指摘され・・・深沢は、『国民健康保険法に違反するかもしれないが、憲法違反にはなりませんよ。これをやらなければ、憲法が保障している健康で文化的な最低の生活が得られない村民がたくさんいるんですからね、訴えるというならそれも結構、最高裁まで争いますよ。本来、国民の生命を守るのは国の責任ですよ、しかし、国がやらないのなら、私がやりましょう。国は必ず後からついてきますよ』・・・とあらためて強い決意を語りました。」(「自治体における健康・医療行政の可能性-岩手県沢内村を例に」日野秀逸より)

スポンサーサイト


 富山市で開催の第28回日本高齢者大会、9月12日、13日にのべ5200人が参加。


 全体会で「集団的自衛権行使容認」に反対し、戦争しない平和な日本をつくろうとの決議を採択しました。森富山市長のメッセージ紹介で宮田福祉保健部長が挨拶しました。

 たくさんの分科会・学習講座から選んだのは… 

CIMG1625_convert_20140915101555.jpg
 「どこに住んでいても、安心して暮らせるまちづくりめざして」前長野県木曽町町長・田中勝己さん
 国と自治体の責任、財政負担で、公共交通を見事に整備した木曽町の安心のまちづくり。住民の基本的な人権としての交通権を尊重したとりくみは感動でした!


CIMG1631_convert_20140915101517.jpg
 「地域包括ケアの構築」南砺市民病院前院長、南砺市政策参与・南眞司さん
 本来あるべき地域包括ケアシステムについて考えました。家族を犠牲にせず、行政の責任、他職種専門家の役割を明確にした安心のネットワークづくり、南砺市の経験にしっかり学びたいです


CIMG1647_convert_20140915101436.jpg
 「高齢期保障をめぐる情勢と運動課題」日本高齢者運動連絡会顧問・篠崎次男さん
 夜まで学習しました。地域から社会保障改悪を許さない運動の正念場です。富山でこの集会が大きく成功した意味はとても大きいです。




終戦記念の日、午前は日本共産党富山地区委員会で、午後は憲法改悪反対の団体のみなさんと宣伝しました。

  
EPSON001_convert_20140815162056.jpg


富山で400人、5・29緊急富山集会

集団的自衛権行使容認阻止、秘密保護法廃止、緊急富山集会

呼びかけ人を代表して、元小杉町長の土井由三さんのあいさつ、ひづめ弘子県会議員の連対のあいさつの様子。
 

CIMG1477_convert_20140531093343.jpg

集会を報道した5月30日付新聞より
EPSON089_convert_20140531094730.jpgEPSON088_convert_20140531094219.jpg



地域のお寺さんのご協力で、第5回平和の鐘つきに30人が参加。富山市水橋九条の会



地域のみなさん一人ひとりが、平和の一言と鐘つきをしました。      私も激励の挨拶をして、鐘つきに参加しました

CIMG1406_convert_20140503162836.jpgCIMG1410_convert_20140503163006.jpg

CIMG1407_convert_20140503162921.jpgCIMG1411_convert_20140503163051.jpg




「憲法を守り、賃上げと格差の是正で、くらし優先の景気回復を」2・21富山地区集会で連帯の挨拶をしました。

   CIMG1301_convert_20140222003027.jpg
EPSON074_convert_20140222004912.jpg
 

富山市で昼デモ 許すな!『戦争する国』づくり、秘密保護法撤廃!!先頭でアピールする、ひづめ弘子富山県議。

CIMG1291_convert_20140218205149.jpg



富山で昼デモ。 許すな!『戦争する国』づくり、秘密保護法撤廃!! 2月18日12:10より、富山駅CiC前広場



2月16日、富山市中心商店街で、日本共産党が、安倍首相の『戦争する国』づくりへの暴走に抗議し、秘密保護法撤廃を求める宣伝・署名行動を行いました。7人が参加。引き続き2・18は昼デモです。 



「紀元節」復活反対、2・11富山県民集会 半田 滋さん(東京新聞論説兼編集委員)が講演

CIMG1285_convert_20140212093813.jpg
EPSON070_convert_20140212222224.jpg

集団的自衛権の行使が容認されれば、憲法9条は有名無実化する。国家安全保障基本法は実質改憲への近道である。ことがわかりやすかったです。 



「日本国憲法と生存権」西山貞義弁護士 2月8日「9条の会」富山県連絡会・連続講座に43人が参加

     
     CIMG1281_convert_20140208200738.jpg

立憲主義と社会権としての生存権。
国家が市民生活に干渉しないように、市民の自由を守るための憲法の本質と、市民生活の中に国家が介入してくることを求める権利としての社会権。基本的な理解を整理することができました。 


富山で昼デモ。秘密保護法廃止を求める!2月4日12:10より、富山駅CiC前広場




「日本国憲法と生存権」西山貞義弁護士に期待します!「9条の会」富山県連絡会・連続講座第6回




2・11富山県民集会 『戦争と暗黒社会の再来を許してはならない』 半田滋さん(東京新聞論説兼編集委員)に参加を!




秘密保護法撤廃!新たなとりくみへ、富山市・地域で宣伝行動


CIMG1163_convert_20131208213116.jpg

ひづめ弘子富山県議、地域の日本共産党後援会のみなさんと、採決強行に抗議しました。12/8


雨の中280人、秘密保護法反対11・21緊急集会 富山市


会場いっぱいの傘です 
CIMG1101_convert_20131122075658.jpg
CIMG1100_convert_20131122075551.jpg
集会が始まりました。ステージの宣伝カーが見えて、音は聞こえます。冷たい雨に負けない、熱気いっぱいです  

呼びかけ人 青島明生(弁護士)、安念鉄夫(元砺波市長)、上野雅晴(富山大学名誉教授)、金井英子(反核医師の会世話人代表・医師)、鈴木邦雄(富山大学名誉教授)、滝沢卓(音楽家)、瀧澤弘(富山大学元学長)、田中悌夫(富山大空襲を語り継ぐ会代表幹事・医師)、土井由三(元小杉町長)、冨樫行慶(僧侶)、久泉迪雄(富山県歌人連盟名誉会長)、福島重雄(弁護士)、藤井輝明(弁護士)、二村文人(富山大学教授)、別本明夫(富山大学教授)、星野富一(富山大学教授)、宮井清暢(富山大学教授)、向井嘉之(ジャーナリスト)、山本直俊(弁護士)50音順、敬称略、19人




秘密保護法案に断固反対!富山での宣伝行動



11月2日、日本共産党は全国で、秘密保護法案に反対、「海外で戦争できる国」づくりを許さない、夕方の一斉宣伝に取り組みました。富山市の中心商店街で井上さとし参議院議員と一緒に宣伝しました。 

終戦の日・憲法改悪反対、富山市での宣伝行動。地元TVが報道


8月15日・富山市西町の宣伝行動に参加しました。
地元TVが報道しました。
 

EPSON017+(2)_convert_20130815191850.jpg







テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済


『国防軍とは何か』を読みました。石破茂・自民党幹事長の発言にビックリです(-`ω´・)! 



まえがきから・・・
 自衛隊は国際社会では軍隊として扱われていながらも、国内では軍隊ではないという状態らして60年を経ておりますが、日本はこの状態から速やかに脱却して、国家防衛のための軍隊である国防軍を保有し、軍隊としての態様を整え、軍隊としての権限を与えるべきです。 

3人の座談会で、石破茂・現自民党幹事長の発言から・・・
                                     
 自衛隊という組織は、まだ一度も人を撃ったことがないし、また一人も撃たれて死んだ者がいない 。そういう事態が起きなかったこと自体はいいことですが、こういう組織が、いざという時、本当に機能するのか。 私は防衛大臣の職にあった時、ずっとそう考え続けてきました。

 自衛隊と規律ということで言うと、・・・自衛官が職場を放棄したり、上官の命令に従わなかったりした場合の最高刑は懲役7年です。
 自衛官の職場は戦場です。戦場で「職場を放棄する」とは、いわゆる敵前逃亡を意味します。また戦場で上官の命令に従わないとは「突撃!」という命令に従わないことと同義です。この二つに課せられる罰は古今東西、どこでも同じで「死刑」です。今でもほとんどの国で、軍隊の服務規程や軍法違反に対する最高刑は、その国の刑法の最高刑になっています。死刑が最高刑の国では死刑ですし、終身刑ならもちろん終身刑です。そうでなければ軍隊として機能しない。それが国際標準の軍隊の常識です。

 憲法改正にこだわるのは、憲法に書いてある世界があまりに現実と違うからなんです。前文には「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」なんて書いてありますが、そんな決意をした人は、今の日本にはいません。ですから憲法の第9条と前文はセットで変えないといけません。 

 まず憲法96条から変えましょうという立場です。 
 わが国の主権は国民にあるわけで、世論調査などを見ると最近は国民の半分以上が憲法改正に賛成だという結果が出ています。けれど国会で三分の一超の議員が反対しただけで憲法改正の発議はできなくなります。これはおかしくないか、ということです。
 憲法第96条を改正することによって、現行憲法では衆参両院で各三分の二ずつの賛成で発議し、国民投票で過半数の賛成が必要となっているのを緩和して、衆参両院の総数の過半数と国民投票にする。これでも実際に憲法改正のハードルはかなり高いですよ





テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。