中山雅之 富山市議会議員・日本共産党
富山市議会議員・日本共産党の中山雅之です。 くらし・福祉を大切にする市政をめざします。

中山雅之のブログへようこそ

中山雅之

Author:中山雅之
中山まさゆきです。
富山市議三期目(旧市議一期含む)
1953年生まれ、城北町に在住
奥田小学校、奥田中学校、富山高校卒業
大阪府立大学中退、富山協立病院事務次長、城北町東部町内会長など。



「日本国憲法」を生かす国づくりへ

日本国憲法

憲法改悪に反対。 日本国憲法前文・条文をランダムに表示します。



カテゴリ



ブログ開始から何日経った?



月別アーカイブ



アクセスカウンター



最新記事



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


角川まさと滑川市議会議員がスタート


介護施設で利用者のみなさんと懇談する角川市議です。
CIMG1092_convert_20131130082919.jpg

日本共産党富山地区委員会では、11月29日に新人議員研修会を開催しました。

スポンサーサイト


230億円の国道8号線の高架下計画の中止、再検討を求めます!

国道8号線高架下計画、「慢性的な交通渋滞 」と「富山市の重点事業」で強調していますが、本当でしょうか (●`ω´●`□´●)?!

富山市の平成26年度重点事業より
EPSON046_convert_20131130015748.jpg

国道8号線高園交差点で、東も西も車がほとんどなく、交差点待ちの車がゼロ。 朝夕のわずかな時間の混雑を除けば、このような状況は珍しくありません!
2013年11月29日、お昼頃の撮影
CIMG1131_convert_20131129171017.jpg



富山県高齢者大会に参加しました。来年の・第28回日本高齢者大会は富山で開催されます(○´∀`○)ノ

CIMG1119_convert_20131124202823.jpg

 課題別報告「私たちが望む介護のあり方、介護をめぐる動きを学び考える」で、認知症の人と家族の会・副代表の勝田登志子さんより、報告がありました。

【資料紹介】 認知症の人と家族の会のアピール
安心を保障する 介護保険・社会保障制度を目指し 行動しよう
 

 2013年10月12日
 本日、私たちは、全ての都道府県から192 名の会員が参加して、支部代表者会議を開催しました。
 10 月1 日、政府は消費税の8%への引き上げを来年4 月1 日から実施すると発表しました。消費税増税と負担増・給付抑制の二重の負担という「道理に合わない」ことが現実のものとなりつつあります。この動きは私たちが望む方向と真っ向から対立するものです。
 6 月1 日の総会で、私たちは「増税の一方で負担引き上げ・給付抑制は道理にも合わない-予算の使い道に知恵を絞ろう」とするアピールを採択し、この動きに強く抗議する意思を表明しました。しかし、8月6日の「社会保障制度改革国民会議」報告は、予算の使い道には踏み込まず、「公助」の後退、「自助」への転化の考え方のもとに、負担増・給付抑制を積極的に打ち出しました。その方向に沿って、厚生労働省から負担増・給付抑制の具体案が社会保障審議会に示されました。
 その中で、私たちが特に容認できない提案は、
①要支援の人を介護保険の給付対象からはずし、市町村の支援事業に委ねる。
②一定以上(被保険者の5 人に1人が対象になる年金収入280万円以上)の所得がある人の利用料を2割に引き上げる、というものです。

 私たちは次の理由から、これらの提案を撤回すべきであると考えています。
イ 早期発見・早期対応の認知症ケアの原則に反する
ロ 厚生労働省の認知症施策(オレンジプラン)の初期対応重視の方向性と矛盾する
ハ 利用の抑制によって重度化が速まり、保険財政の負担を増大させる
ニ 増税と負担増・給付抑制の二重負担は生活への不安をあおる
ホ 生活への不安は、消費の抑制を招き、経済活動を停滞させる
 
 軽度認知障害の人が400 万人と発表され社会に大きな衝撃を与えました。「要支援外し」はこの人たちを、全国一律のサービスから市町村任せにしようとするもので、サービスが向上する保障はどこにもありません。
 私たちは、負担増・給付抑制をやめ、さらに歩を進めて、社会保障を充実させ生活への不安をなくして、心の余裕と健全な消費を生み出し、経済活動を活性化させる-そのような、誰もが老いても病んでも、安心して暮らせる社会の実現を願っています。そのために、予算に占める社会保障費の割合を大幅に引き上げるよう強く訴えます。
 今よりずっと貧しかった戦後間もなく、先人たちは、知恵を絞り、大変な努力をして国民皆保険・皆年金の制度を実現しました。その困難の大きさを考えれば、今の困難を乗り越える知恵もきっとあるはずです。一人でも多くの人が、私たちの主張に賛同していただき、それぞれの立場で声を挙げ、行動してくださるよう心から訴えます。     以 上

われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。反・貧困ネットワークとやま設立!2013.11.23

心のこもった、素敵な、ふたりのあいさつでした  


開会あいさつ 西山貞義代表世話人(弁護士、富山県弁護士会貧困問題取組強化プロジェクトチーム委員長)  

CIMG1129_convert_20131124002658.jpg
閉会あいさつ 松浦万里子代表世話人(元・金城大学社会福祉学部教授)  

記念講演
「貧困にたち向かい、誰もが希望が持てる社会を」
~生活保護基準の引き下げは、何をもたらすのか~
井上英夫さん
(金沢大学名誉教授、生存権裁判を支援する全国連絡会会長)
会場いっぱい、53人が参加。
生活保護引き下げに反対する審査請求を提出された方から、二人が会場で発言されました。

・連絡先:富山中央法律事務所(西山)☎076-423-2466、fax076-423-0699、mail;info@fureai.tv


雨の中280人、秘密保護法反対11・21緊急集会 富山市


会場いっぱいの傘です 
CIMG1101_convert_20131122075658.jpg
CIMG1100_convert_20131122075551.jpg
集会が始まりました。ステージの宣伝カーが見えて、音は聞こえます。冷たい雨に負けない、熱気いっぱいです  

呼びかけ人 青島明生(弁護士)、安念鉄夫(元砺波市長)、上野雅晴(富山大学名誉教授)、金井英子(反核医師の会世話人代表・医師)、鈴木邦雄(富山大学名誉教授)、滝沢卓(音楽家)、瀧澤弘(富山大学元学長)、田中悌夫(富山大空襲を語り継ぐ会代表幹事・医師)、土井由三(元小杉町長)、冨樫行慶(僧侶)、久泉迪雄(富山県歌人連盟名誉会長)、福島重雄(弁護士)、藤井輝明(弁護士)、二村文人(富山大学教授)、別本明夫(富山大学教授)、星野富一(富山大学教授)、宮井清暢(富山大学教授)、向井嘉之(ジャーナリスト)、山本直俊(弁護士)50音順、敬称略、19人




11・23反貧困ネットワークとやまの設立全体会に参加を!



富山市での最近(11/14)の生活保護申請事例より   
 
 77歳ひとり暮らしの女性、生活保護基準以下の年金で借家で生活。
 民生委員と一緒に生活保護申請に行ったが、生活保護の窓口で、軽費老人ホームへの入所を勧められて、生活保護の申請を受け付けてもらえなかった。本人は住み慣れた現在の在宅生活を求めている。
 
 相談を受けて、中山が窓口に同行、生活保護の申請を求めると、「老人ホームの入所手続きはできなかったのですか?」との対応。
 老人ホームの入所を本人は求めていない。直ちに生保申請を受け付けるように強調して、ようやく申請が受理された。
 
 改めてなぜ、老人ホームの入所を勧めて、申請を受け付けなかったのか問うと、生活保護の他法他施策活用の優先原則があるから、軽費老人ホームの入居対象者はそのように対応している、との説明であった。
 在宅か施設か、どこに住むのかは、本人が決める基本的な権利である。申請権の侵害であることを批判した。




角川まさと候補が路地のハンドマイク宣伝=滑川市議選最終盤

>
CIMG1067_convert_20131115035015.jpg
CIMG1076_convert_20131115034600.jpg
CIMG1074_convert_20131115034830.jpg


滑川市議選、共産党2議席実現へ市民の期待広がる


CIMG1059_convert_20131112150330.jpg

 新人の角川まさと候補の事務所で連日応援しています。

 36歳の介護福祉士。誠実さと若い力で市政に挑戦!
 
 

富山市議会報告・2013年9月

議会報告20139.. (1)
議会報告20139..


四人の審査請求人が切実な生活実態を訴える・富山で生活保護審査の口頭意見陳述

審査請求人本人に続いて、代理人が次のように陳述しました。

       口頭意見陳述              2013年11月1日
                              審査請求人代理人 弁護士 西 山 貞 義            
1 生活保護基準のあり方について
 処分庁の弁明内容は要するに,本件処分は,厚労省告示に基づき,生活保護法8条1項(以下,生活保護法のことを単に「法」という。)のとおり計算を正確に行っているのであるから,適法・適正であるというものである。
 しかしそもそも,生活保護制度は,法1条に明記されているように,憲法25条の要請を受けた制度である。この生活保護制度により保障される生活水準は法3条により,「健康で文化的な生活水準を維持することができるものでなければならない」とされ,しかも法1条,法3条の規定は,法5条により,「この法律の基本原理であつて,この法律の解釈及び運用は,すべてこの原理に基づいてされなければならない」とされている。
 したがって,生活保護基準は,憲法25条に定める「健康で文化的な生活水準」を維持できるものでなればならない。
 しかも,法56条は,「被保護者は,正当な理由がなければ,既に決定された保護を,不利益に変更されることがない」と規定している。
 憲法及び生活保護法のこの規定の仕方や法構造からすれば,本件処分が合憲性を持ち,適法と認められるためには,単に各福祉事務所長が「厚労省告示どおりに変更決定を正確に行った」というだけでは到底足りない。厚労省告示そのものが憲法25条の要請する法1条,法3条の趣旨に合致し,かつ,8条1項だけでなく同条2項にも違反していないことが処分庁によって証明されて初めて,法56条所定の「正当な理由」があると認められ,不利益変更が許容されることになるのである。

2 厚生労働省告示の内容自体が憲法25条に違反することなど
⑴ 憲法25条は,1項において,「すべて国民は,健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」と規定し,さらに,2項において,「国は,すべての生活部面について,社会福祉,社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」と規定している。   
 すなわち,すべての国民が,健康で文化的な最低限度の生活を権利として保障されることを求めることができるとともに,国は,すべての生活部面について,社会保障の向上及び増進に努める義務を負っているものであって,本来,その後退は予定されていないことに十分な留意が必要である。

⑵ 憲法25条は,単に「健康な生活」を保障するのではなく,「健康で文化的な最低限度の生活」を保障している。これは,ただ単に生命を維持することができる程度の生活を保障するにとどまらない。憲法25条にいう「健康で文化的な最低限度の生活」,法3条にいう「健康で文化的な生活水準」の内容は,個々人の尊厳が保障され,人間たるにふさわしい生活が営めるものでなければならない。
 ここで,WHO(世界保健機関)は,その憲章前文のなかで,「健康」を「完全な肉体的,精神的及び社会的福祉の状態であり,単に疾病又は病弱の存在しないことではない」と定義している。(昭和26年官報掲載の)。つまり,「健康な生活」とは,単に肉体的な疾病または病弱が存在しないというだけにとどまらず,精神的にも活力ある状態が保持され,社会的にも社会内で孤立することなく他者との関係が保持されている生活と捉えるべきである
 また,「文化」とは,真理を求め,常に進歩・向上をはかる,人間の精神的活動あるいはそのような活動によって作り出されたものをいう。人間が文化的な生活を実現するにあたっては,新しい知識や教養を身につけるとともにそれを生かして社会に働きかけ,他者からの評価を受けるなどの活動が必要不可欠である。
 以上より,憲法25条で保障される「健康で文化的な最低限度の生活」とは肉体的にも精神的にも活力ある状態が保持されること,新しい知識や教養を身につけ他者との相互関係の中で社会内でも孤立することのない状態を維持することをその内実とするものということができる。
⑶ そして,本件においては,厚労省自身がこのような憲法25条の要請に基づき「健康で文化的な生活水準」として認め具体化していた保護基準が,本件厚労省告示によって,過去に例がないほど大きく被保護者に不利益に変更されているのである。
 本件厚労省告示前の基準は,そもそも,「健康で文化的な生活水準」を維持するため最低限度の基準だったのであり,これを前例にないほど大きく被保護者に不利益に変更されると,被保護者は「最低限度の生活」を大きく割り込んだ生活を強いられ、「健康で文化的な生活水準」を保つことなど到底できないと言わざるえない。
 したがって,本件処分のもととなった厚生労働省告示の内容自体が憲法25条に違反しており,また,本日審査請求人が述べたような本件処分によって審査請求人が強いられている陥った生活状態が,憲法25条の保障する「健康で文化的な最低限度の生活」を下回ることは明らかである。

3 厚労省告示が法1条,3条及び8条2項に違反していること
 次に,本件厚労省告示(ないし,厚労大臣が定めた保護基準)は,法8条2項の定める,「要保護者の年齢別,性別,世帯構成別,所在地域その他保護の種類に応じて必要な事情」を正しく考慮せず,かえって生活保護費全 体の削減という至上命題のもと,需要とはかけ離れた統計データの恣意的抽出ないし分析を行った結果,「最低 限度の生活の需要を満たすに十分なもの」には到底満たない内容となっているから,法1条,3条及び8条項・ 2項に違反するという点について述べる。

⑴ 厚労大臣に認められた裁量の内容
ア 前述のとおり,厚労大臣によって切り下げられた保護の基準が被保護者にとって法3条にいう「健康で文化的な生活水準」を維持することができないものであれば憲法25条違反であるし,被保護者の保護受給権自体も,「健康で文化的な生活水準=生存権を保障する適正な保護基準による保護を受けうる権利」として把握されなければならない。
 したがって,厚労大臣の裁量は,憲法に基づく強度の法的規制を受けるというべきである。
イ また,法8条1項は,「保護は,厚生労働大臣の定める基準により測定した要保護者の需要を基とし,そのうち,その者の金銭又は物品で満たすことのできない不足分を補う程度において行うものとする。」と規定している。すなわち,生活保護法に基づく保護の基準については,あくまでも要保護者の「需要」をベースに判断されなければならないのである。
 また,法8条2項は,「前項の基準は,要保護者の年齢別,性別,世帯構成別,所在地域別その他保護の種類に応じて必要な事情を考慮した最低限度の生活の需要を満たすに十分なものであつて,且つ,これをこえないものでなければならない。」と規定している。
ウ したがって,憲法及び生活保護法の趣旨からは,「健康で文化的な生活水準」の判断は,あくまでも憲法に基づく生存権保障の観点から,要保護者の「需要」を基とすべきであり,かつ,生活保護基準は,要保護者の年齢別,性別,世帯構成別,所在地域別その他保護の種類に応じて必要な事情を考慮に入れて最低限度の生活の需要を満たすに十分なものであつて,かつ,これを超えないものでなければならないことが求められる。
 したがって,厚労大臣の生活保護基準の設定・変更に関する権限は,上記の要件のもとに極めて限定された裁量しか認められていないことに留意が必要である。

⑵ 厚労大臣の裁量違反
 しかしながら,厚労大臣は生活保護予算削減を至上命題とし,以下に述べるとおり,裁量権を逸脱して告示を示したのであるから,法1条,3条及び8条1項・2項に違反する。
 すなわち,要保護者の「需要」とは全くかけ離れた,「国費ベース」での「財政効果」を見込んで定められた今後3年間の生活扶助費削減額670億円  のうち,まず,厚労省が「ゆがみ分」すなわち「生活保護基準部会における検証結果を踏まえ,年齢・世帯人員・地域差による影響を調整」した結果と標榜する90億円分については,生活保護の捕捉率が高々3割にも満たない中で,最も低所得者の層であって生活保護を受給できるのに受給していない生活保護漏給層を極めて多く含む第1・十分位を生活扶助基準と対比する一般低所得世帯として設定した手法自体に問題がある。その手法を採用した社会保障審議会生活保護基準部会報告書ですら「検証結果に関する留意事項」において「今回の手法についても専門的議論の結果得られた透明性の高い一つの妥当な手法である一方,これが唯一の手法でもない。今後,政府部内において具体的な基準の見直しを検討する際には,今回の検証結果を考慮しつつも,同時に検証方法について一定の限界があることに留意」すべきと指摘しているほか,様々な観点から安易な引き下げに釘を刺しているのである。
 厚労大臣は,このような手法自体の問題点や報告書の指摘をあえて無視し,要保護者の「需要」とは全く関係がない「国費ベース」での「財政効果」,すなわち,生活保護予算削減のため告示を示したのであって,その裁量権を大きく逸脱して告示を行ったといわざるをえない。
 また,厚労省が「デフレ分」すなわち「前回見直し(平成20年)以降の物価の動向を勘案」したものであると述べる580億円については,そもそもこのような「デフレ論」自体,生活保護基準部会でも全く検討されず突然持ち出されたものであって専門家による吟味を一切経ていないうえ,基準年の設定の仕方も総務省統計局が行う通常の方式とは全く異なり,しかもそこで用いられる「生活扶助相当消費者物価指数(CPI)」についても,物価下落の主因となっている電気製品の値下がりが過大に影響するなど,法8条2項が定める生活保護利用世帯の「生活の需要」ないし実態と大きく乖離している。

⑶ 以上要するに,厚労大臣は,その裁量を逸脱して,法1条,3条及び8条1項,2項に違反する告示を行ったのであり,この告示に基づく本件処分は,法56条にいう「正当な理由」がないと言わざるを得ない。
 したがって,本件処分は直ちに取り消されるべきである。
                                           以 上

秘密保護法案に断固反対!富山での宣伝行動



11月2日、日本共産党は全国で、秘密保護法案に反対、「海外で戦争できる国」づくりを許さない、夕方の一斉宣伝に取り組みました。富山市の中心商店街で井上さとし参議院議員と一緒に宣伝しました。 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。