中山雅之 富山市議会議員・日本共産党
富山市議会議員・日本共産党の中山雅之です。 くらし・福祉を大切にする市政をめざします。

中山雅之のブログへようこそ

中山雅之

Author:中山雅之
中山まさゆきです。
富山市議三期目(旧市議一期含む)
1953年生まれ、城北町に在住
奥田小学校、奥田中学校、富山高校卒業
大阪府立大学中退、富山協立病院事務次長、城北町東部町内会長など。



「日本国憲法」を生かす国づくりへ

日本国憲法

憲法改悪に反対。 日本国憲法前文・条文をランダムに表示します。



カテゴリ



ブログ開始から何日経った?



月別アーカイブ



アクセスカウンター



最新記事



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『老人漂流社会』NHK取材班著。安倍政権の国の責任を放棄した医療・介護改悪に対しても必読、現場からの警鐘に拍手。一方でNHK予算案は異例の6党反対、「国家の放送」への変質は許さない!


スポンサーサイト


自民、公明、民主(民政クラブ)の反対で、議会中継をしないと決める。全国でも、県内でも取り残された富山市議会の異常さ?!

 3党だけで構成する議会改革検討調査会で、議会中継をしないと決め。継続審査となっていた、インターネット等による議会の中継を求める請願についても、3月定例会で不採択となりました。本会議では不採択の詳細な説明も、請願反対討論もありませんでした。   

 中山雅之のインターネット等による議会の中継を求める請願賛成討論より

 昨年8月に、日本共産党市議団として議会改革についての市民のみなさんとの懇談会を開催しました「合併で身近に議員がいなくなった」「声が届かなくなった」「市政のことがわからなくなった」「議会は何しているのかわからない」など率直な声が出されました。議会中継を早急に実現して欲しいと要望が出され、9月議会には請願が提出されました。
 議会中継は中核市42市で、インターネット、ケーブルTV、ラジオなどで、中継が当たり前となっています。とうとう富山市だけがただ一つ、議会中継を実施をしない議会となってしまいました。
 県内でも13自治体がケーブルTV中継を実施して、残ったのは、舟橋村と富山市だけです。
 

 さらに県内では、小矢部市議会や高岡市議会等が議会基本条例を制定し、議会が「市民への説明責任を果たすために多様な媒体を用いて情報を発信し、市民に対し、わかりやすく広報することに努める」ことを強調しています。請願者の議会での意見陳述の保障や議会による超党派での市民への議会報告会なども既に始まっています。
 今こそ富山市議会でも、市民にオープンな議会で自由に活発に議論をして、市政を厳しくチェックすることが強く求められます。市民の目線に立った政策提案をどんどんやって、議会報告も意見聴取もどんどんする、市民の皆さんと一緒に市政を市民のものにしていく、真の議会改革をすすめることが急がれます。議会の中継はただちに実現すべきです。 
 富山市議会のインターネット等での中継を求める請願への賛同を心から訴えて賛成討論とします。

富山市営住宅バリアフリー化事業費の予算、10年間で40分の1に激減!3月定例会でとりあげました。


 市営住宅の住居環境の改善で、市営住宅バリアフリー化事業費、高齢者向け住戸改善事業費、市営住宅リフォーム事業費があります。10年間の予算の推移は大激減です。 市営住宅バリアフリー化事業費は、05年度約1,560万円が、08年度で約180万円、11年度約100万円、14年度はわずか40万円にすぎません。
 
 一般質問で、最近利用されて、大変喜ばれている方の声を届け、予算の増額、対象の拡大を求めました。


 森市長の提案理由説明より「公営住宅については、…高齢者向け住居の改善やリフォーム改修など、住環境の改善に努めてまいります」 
 村藤建設部長答弁より「周知が足りないということですので努めてまいりたい」「今後対象世帯の拡大についても検討してまいりたい」
 


年100件を超える給排水管の水漏れ・富山市営住宅。…公共事業は維持補修・管理への大転換を!3月定例会でとりあげました。

20130521214055f70[1]_convert_20140321083522CIMG0544_convert_20130504112243_convert_20130504114523[1]_convert_20140321083443
 腐食でボロボロの給排水管、計画的な改修を求めます。

 富山市営住宅の給排水管からの漏水の件数ですが、水が漏れて困っていると市が連絡を受けて、工事した数で昨年度は104件にもなるとのことです。さらに今年度は2月末ですでに昨年を上回る107件、大変深刻な状況です。
 老朽化が進行している市営住宅に対して、必要な予算を確保し、計画的に給排水設備の修繕や更新を行っていくべきです。
 入居者がいても可能な点検、修繕も工夫してとりくむことです。
 

 
 森市長答弁より 
 「法的にも貸し主なわけですから、きちんとした居住空間を貸さなければいけない。義務があるわけですから、不作為 になってしまうので、やりたいわけです。
  できるかぎりのことはきちっとやる。 ご理解をいただく方が増えてくれば、いったん移っていただいて、建物全体を 抜本的に見直すことが可能だと思いますのでそういうご理解をしていただけるように、ご協力もいただきたい。」
 


「国道8号線高架は無駄な事業であり反対!」3月富山市議会で質問。地域には根強い反対があること。引き続き丁寧な説明を国と協力して行う必要があることを確認。



CIMG1331_convert_20140316231440.jpg


 地域の後援会の定例宣伝に、温かい応援の声かけ、手ふりの反応です。交代で次々と訴えました。

      

      CIMG1325_convert_20140316172208.jpg


 「福島を忘れない、再稼働を許すな・原発ゼロ実現、3・9富山県集会」に500人が集う。



  EPSON078_convert_20140309184235.jpg
講談は「庶民の怒り」を代弁する話芸。
講談師・神田香織さんの記念講演「チェルノブイリから福島へ」がすばらしい。会場でサイン本購入、元気が出るリズムです。
 


3・9富山集会:再稼働を許すな・原発ゼロ実現。福島を忘れない!を成功させましょう!!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。