中山雅之 富山市議会議員・日本共産党
富山市議会議員・日本共産党の中山雅之です。 くらし・福祉を大切にする市政をめざします。

中山雅之のブログへようこそ

中山雅之

Author:中山雅之
中山まさゆきです。
富山市議三期目(旧市議一期含む)
1953年生まれ、城北町に在住
奥田小学校、奥田中学校、富山高校卒業
大阪府立大学中退、富山協立病院事務次長、城北町東部町内会長など。



「日本国憲法」を生かす国づくりへ

日本国憲法

憲法改悪に反対。 日本国憲法前文・条文をランダムに表示します。



カテゴリ



ブログ開始から何日経った?



月別アーカイブ



アクセスカウンター



最新記事



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


特養の入所申込数、4年前の集計より、全国は10万人増加。富山市は2倍を超える増加。国の責任で特養増設の抜本的対策の強化を!


 特養入所申込数の富山県基準の集計は「要介護3以上でかつ自宅や病院で生活されている方を対象とし、要介護1、2の方および介護老人保健施設やグループホームなどの施設入所者を除く」集計です。2013年、富山県は県基準では、2,135人、本来は4,806人です。富山市も県基準では737人、本来は1,481人へ2倍以上となります。

 富山市の説明…本市の特別養護老人ホームの入所申込数は、急速な高齢化に伴い、年々増化する傾向にありますが、2010年度に小規模特別養護老人ホームや認知症高齢者グループホーム等の整備を積極的に進めた結果、入所待機者の伸びは抑制傾向にありましたが、第5期介護保険事業計画(2012~2014)からは、要介護高齢者の「施設から在宅へ」の転換を図るため、入所系施設の整備を抑制したことから、再び入所申込者数の増加をもたらしました。
 6月議会での富山市答弁…本市では、施設から在宅への転換を図ることを基本的な考え方としており、次年度からの第6期介護保険事業計画におきましても、この方針を引き継いでまいりたいと考えております。

 6月議会の中山市議の質問より…高い保険料を払い続けてきたのに、いざ必要なときにだめだという事態は、介護保険への信頼を失わせる、制度の根幹にかかわる大問題です。特養入所要件を原則「要介護3以上」に限定する「医療・介護総合推進法案」は撤回し、特養の大増設に国策を転換することです。市から国へ強く働きかけることを求めます。
関連記事
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://mana531121.blog.fc2.com/tb.php/115-495d3c87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。