中山雅之 富山市議会議員・日本共産党
富山市議会議員・日本共産党の中山雅之です。 くらし・福祉を大切にする市政をめざします。

中山雅之のブログへようこそ

中山雅之

Author:中山雅之
中山まさゆきです。
富山市議三期目(旧市議一期含む)
1953年生まれ、城北町に在住
奥田小学校、奥田中学校、富山高校卒業
大阪府立大学中退、富山協立病院事務次長、城北町東部町内会長など。



「日本国憲法」を生かす国づくりへ

日本国憲法

憲法改悪に反対。 日本国憲法前文・条文をランダムに表示します。



カテゴリ



ブログ開始から何日経った?



月別アーカイブ



アクセスカウンター



最新記事



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『少年H』、映画を見て、原作上下二巻、一気に読みました。(;∀;)゚・。ー


EPSON015+(2)_convert_20130815095953.jpg

 妻と二人、久しぶりに映画を見ました。原作が読みたくなって、その日に買って、夢中になって、一気に読み通しました。激動の時代の中で、そして戦争できる国へ、歴史逆行の動きも強まっています。今こそ、見るべき映画、読むべき本と思いました。フツフツと勇気と元気が、後からもどんどん湧いてきます。

 原作・新潮文庫版の瀬戸内寂聴さんの解説にとても同感しました。「悲痛な話もいっぱいなのに、何だかおかしい場面の連続であり、あの暗い戦争中なのに、Hをはじめ少年たちは、みんないきいきとして明るい。Hの家も、次々困難に見舞われるのに、父も母もじめじめしていない。戦争中の庶民はこうであった。・・・現在だからこそ、この少年Hの生きた時代の庶民の哀歓の真実が、人の心を打つのではないだろうか。この小説がベストセラーになったということに、文学も、読者も、そして人間そのものも、まだ信じられるような気がして頼もしい。」
 主演の水谷豊さんは「僕は、この作品は人間賛歌なんだと。どんなに大変でも前に向かって生きていくぞ、と。人ってすばらしいと思えました」(8/4赤旗・日曜版)と紹介しています。こうきっぱりと言える水谷さんもすばらしい。この映画で好きになりました。

 お盆休み中に『風立ちぬ』も見ます。「アニメは駄目」と妻には相手にしてもらえないので、一人でゆっくりレイトショーにでも行くつもりです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:感動・・・★ - ジャンル:ブログ


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://mana531121.blog.fc2.com/tb.php/34-37b47eff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。