中山雅之 富山市議会議員・日本共産党
富山市議会議員・日本共産党の中山雅之です。 くらし・福祉を大切にする市政をめざします。

中山雅之のブログへようこそ

中山雅之

Author:中山雅之
中山まさゆきです。
富山市議三期目(旧市議一期含む)
1953年生まれ、城北町に在住
奥田小学校、奥田中学校、富山高校卒業
大阪府立大学中退、富山協立病院事務次長、城北町東部町内会長など。



「日本国憲法」を生かす国づくりへ

日本国憲法

憲法改悪に反対。 日本国憲法前文・条文をランダムに表示します。



カテゴリ



ブログ開始から何日経った?



月別アーカイブ



アクセスカウンター



最新記事



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


予算わずかに50万円、安心の制度なのに !(゚д゚)

CIMG0588_convert_20130505114545_convert_20130505161146.jpg

CIMG0587+-+郢ァ・ウ郢晄鱒繝サ_convert_20130505114455_convert_20130505161242

 「これで安心」市営住宅のインターホーン設置

 市営住宅で、ひとり暮らしの高齢者から相談を受けました。「玄関のブザーが聞こえにくい。誰が来たのかもわからない。インターホーンに取り替えて欲しい」と。
 市と相談して、市営住宅の高齢者へのインターホーン設置の制度を利用できることになりました。

 市民に喜ばれる安心の制度です。
 ところで、この制度の今年度予算、聞いてびっくり!
 わずかに
5件分50万円だけです。
 
 詳細は[続きを読む]へ…
 この事業の名称は市営住宅バリアフリー化事業です。下記資料にあるように、
 2012年度までは、住宅限定で計画的に実施。
 2013年度は住宅の限定なく実施。
 ところが、もともと少ない予算が、160万円から50万円に減額です。
 対象者は残りわずかということでしょうか?
 
 まだまだ制度を知らない人がいます。市民、市営住宅入居者に告知を徹底すべきです。
 単身に限る条件は広げるべきです。日中など時間帯によって、高齢者・障害者がひとりとなり、困っています。高齢者だけの世帯、ひとり親の世帯なども対象にすべきです。
 市民に好評の安心の制度、予算を増やして、良い制度への改善にとりくむことです。


資料
2012年度・市営住宅バリアフリー化事業費
1事業費 1,600千円
2事業目的
  高齢者や身障者の居住に配慮するため、既存市営住宅に計画的に緊急ブザーを設置するもの。
3事業内容
  単身で65歳以上の高齢者及び障害者の住戸にインターホーン・緊急ブザーを設置する。
  (広田団地 16戸)

2013年度・市営住宅バリアフリー化事業費
1事業費 500千円
2事業目的
  高齢者や身障者の居住に配慮するため、既存市営住宅に計画的に緊急ブザーを設置するもの。
3事業内容
  単身で65歳以上の高齢者及び障害者の住戸にインターホーン・緊急ブザーを設置する。
  (5戸)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://mana531121.blog.fc2.com/tb.php/4-8e971949
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。